サラリーマンの解決策

サラリーマンにとってマイホームは資産ではない!?本当の資産を作る方法とは?

こんにちは、みちです。

今回は、マイホームが資産ではなく負債である理由まとめました。マイホームを考えている方は一度踏みとどまって、考え直すチャンスです。

後の方で本当の資産を作る方法まとめていますので、最後まで読んでみてくださいね。

マイホームは資産ではなく負債

「マイホームは売ればお金になるし、資産になるから、早めに購入してローンを返済しておけばいいよ!困ったら売ればいいし大丈夫!老後は賃貸に住むのは難しいし、賃貸に払うよりも早くローンを組んだ方がお得だよ!」なんてことを(特に親から)言われた経験はありませんか?

特にバブル世代はそのような認識の方がほとんどではないでしょうか?読者の方の中にも「早くマイホームを手に入れておかなければ、老後に住む場所がなくなってしまう!」なんて思っている方もいると思います。

では、本当にマイホームを手に入れておけば資産になり、安心な人生が送れるのかを考えていきましょう。

おすすめ記事
資産となる働き方とは
資産となるような働き方とは?

サラリーマンの働き方は時間の切り売り サラリーマンの働き方は、給料が高かろうが低かろうが“時間の切り売り”であることに違 ...

住宅ローンは組むべきではない

住宅情報サイトなどでは、掲載されている物件について住宅ローンのシミュレーションができるようになっているものもあります。もう試されたでしょうか?

シミュレーション結果を見てどんなことを思いましたか?思ったよりも高い物件が買えないと思いませんでしたか?毎月何万円ものローンを35年間も返済していかなければならない現実にがっくりときたのではないでしょうか。

実際、多くの人が35年のローンを組み、完済予定が定年後という人もたくさんいると思います。

ここで、「みんなそうしているから、家を買うってそういうものなんだ」と思考停止してしまっていませんか?よく考えてみてください。35年もローンを返し続けるなんて正気ではありませんよね。毎月十数万円払うのですよ?

また、ローンには利子がかかります。利子だけの合計は計算しましたか?利子だけで何百万にもなるはずです。金額が大きいだけに金銭感覚が分からなくなって、えいや!とローンを組んでしまう人が多いのです。

おすすめ記事
自己投資がおすすめな理由
自己投資が投資の中で一番割がいい理由とは?

投資とは・・・ まずは投資の基本的な考え方をおさらいしておきます。 投資の元々の意味は「利益を見込んで事業に資本(お金) ...

住宅ローンは一番儲かる銀行の商品

銀行という機関は、お金を預かり、他に貸して利子を得ることで利益をあげています。お金を持ったままではお金が増えないので、銀行は誰かにお金を貸したいと思っています。

銀行も、できれば見込みのある投資先にお金を貸したいと思っていますが、住宅ローンも盛んに売り出しています。サラリーマンで社会的に信頼のある会社に勤めている人であれば、かなりの額を貸してもらえますよね。

ここで、「銀行はこんなにたくさん貸してくれるのは、普通に返済していけば返せる額だからだろう。返せない額を貸す人はいないよね。自分と同じくらいの収入の人はこれくらい借りているのだろう。」と思ってはいけません。

住宅ローンでは、銀行が貸せる額とあなたが返せる額は違うのです。貸せる額と返せる額がイコールという設定で組まれているわけではないのです。

貸し倒れも多い住宅ローンですが、なぜ銀行は住宅ローンを貸してくれるのか考えたことはありますか?

それは、「住宅ローンはみんな最優先で返してくれるから」です。家族の基盤である「家」は守らなければならない、だからこそみんな無理をしてでも返済してくれるということを銀行はわかっているのです。

銀行に言われるがままに住宅ローンを組むことがどれだけ危険なことかおわかりになったでしょうか?

銀行から住宅ローンを提案されている方は、本当に返せる額なのかを自分で計算してみた方がいいですよ。そうは言っても「住宅は資産だから、売ればお金になるし大丈夫」と思っている人がまだいるかもしれません。

おすすめ記事
自己投資がおすすめな理由
自己投資が投資の中で一番割がいい理由とは?

投資とは・・・ まずは投資の基本的な考え方をおさらいしておきます。 投資の元々の意味は「利益を見込んで事業に資本(お金) ...

住宅の資産価値について

住宅の「資産価値」について考えてみましょう。「家」というものは大きく「土地」と「建物」に分かれます。ここで、それぞれについて考えて見ましょう。

まず、「土地」についてですが、「土地」は経年劣化するものではないのは確かです。しかし、「土地の資産価値は下がらないだろうから、売れば土地代は返ってくるだろう。」と安易に考えてはいけません。

資産価値が下がらない、資産価値が上がる土地というものも探せばあります。しかし、価値のある土地は購入金額も高いものです。ローンを組むときには「できるだけ安い方がいいかな。建物にお金をかけたいし・・・」なんて、つい土地には手を抜いてしまいがちです。

住宅を資産としたい場合、「土地」こそ慎重に検討し、お金をかけるべき項目であることを分かっている人は少ないのではないかと思います。

次に「建物」について考えましょう。「建物」には耐用年数が決められています。木造の場合だと、簡単に言うと22年で資産価値が0円になるということが決められています。22年で住めなくなるという意味ではなく、あくまで法律上の話です。

また、新築であれば買った瞬間に中古住宅並に価値が下がるということも覚えておきましょう。「建物」は住んでいれば修理も必要になるし、大きなリフォームも計画しておかなければいけません。

リフォームは結構お金がかかるので、買うときに将来かかるお金として予算を考える必要があります。修理やリフォームの行き届いた住宅はそれなりに資産価値が残せるかもしれません。

本当の資産とは?

これまでの話で、マイホームは資産であると言えますか?やはり、マイホームは購入に大金が必要ですし、土地の選定、建物の修繕・維持をして始めて資産となるものだということが分かったかと思います。

住宅ローンでプラス何百万円も支払わなければならないし、ほとんどの人にとって「マイホームは負債」であることは事実なのです。

では、本当の資産とはどんなものなのでしょうか?

おすすめ記事
資産となる働き方とは
資産となるような働き方とは?

サラリーマンの働き方は時間の切り売り サラリーマンの働き方は、給料が高かろうが低かろうが“時間の切り売り”であることに違 ...

資産はあなたのポケットにお金を入れてくれる

資産とはあなたにお金をもたらしてくれるものです。わかりやすい例では「収益物件」があります。

あなたがマイホームの代わりに(良い)収益物件を買えば、銀行にローンを返さなければならないのは同じですが、家賃収入を得ることができます。毎月の家賃収入が毎月の返済額より多ければキャッシュフローがプラスになり、あなたにお金をもたらしてくれます。

これが「資産とはあなたのポケットにお金を入れてくれる」という構造です。

マイホームはこれとは真逆で、「あなたのポケットからお金を何百万円もとって、銀行のポケットに入れる」という構造になります。

本当の資産の作り方

資産とは先に何かに投資することで手に入るものです。収益物件であれば、先に物件に投資しています。株式投資であれば、先に株式に投資をしています。

ここで「投資する」ということについて考えてみましょう。

投資は何でもかんでもすればいいというものではありません。何も知らずに収益物件を買おうとすれば全く利益の出ない物件をつかまされたり、株式も何も考えずに始めるとうまくやっている人にお金が流れていきます。

投資するには良い投資先を見極める判断力が必要になってきます。

投資先は誰かが教えてくれるものではありません。収益物件、株式にしても、何も知らずに誰か親切な人が教えてくれるだろうと考えて取り組めば、住宅業者や銀行のカモになるのは目に見えています。

投資をして資産を築くには自分で判断できる力が必要なのです。

おすすめ記事
自己投資がおすすめな理由
自己投資が投資の中で一番割がいい理由とは?

投資とは・・・ まずは投資の基本的な考え方をおさらいしておきます。 投資の元々の意味は「利益を見込んで事業に資本(お金) ...

まずは自己投資が必要

本当の資産を築くには自分いいものを判断する力が必要になります。では、どうすれば自分で判断できる力をつけることができるのか?

それは「自己投資」で、自分にまず投資をすることです。

自己投資とは自己啓発とほぼ同じです。自分の関心がある投資について、本を読んだり、セミナーを受けたりしてまずは勉強する必要があります。

自己投資をサボると投資の世界ではカモになってしまい、取り返しがつかないくらいの失敗をしてしまうのです。

勉強して専門的な知識を身につけてから投資に挑まなければなりません。資産を築くのは相当な努力が必要なのです。適当に自分の勘にたよってやってうまくいくほど簡単なものではないのです。

ですから、まずは自己投資で自分を鍛え上げましょう。実際に行動するのは、その後です。

おすすめ記事
成功への近道の探し方
【加速成功】絶対知っておいた方がいい!成功への近道の探し方とは?

成功には近道がある 副業で成功したいけど、何年くらいかかるのかわからないですよね。何から取り組めばいいかも分からないかも ...

収益物件や株式投資はお金持ちがやること

資産の例として収益物件や株式を上げてきましたが、これらには欠点があります。

それは、収益物件は実はそこまで大きな利益を上げることはできない、株式では資産が成長するのにはかなりの時間がかかるということです。

収益物件はどちらかというとお金持ちが金融資産を現物資産に変えるために持っているという側面があります。株式投資も元手が多くなければ利益がとても少ないのです。

収益物件も株式投資もお金を持っている人がやるからこそ威力があるものなのです。

おすすめ書籍

ベストセラーのロバートキヨサキ氏が著書の「金持ち父さん貧乏父さん」です。お金について勉強するならまず読むべき一冊です。この本を読めば、お金について無知であることがどれほど危険なことかがわかります。

これまでお金についてあまり考えてこなかったな、という方はまず読んでみてください。私も最初はこの本と出会ったことがきっかけで副業やビジネスについて考えるようになりました。この本を読めばお金の価値観が変わりますよ!

お金に余裕がない人は自分のビジネスを持つことがおすすめである理由

収益物件も株式もお金持ちがやらなければ意味がないとなれば、お金を持っていない人はどうすればいいのでしょうか?お金を持っていない人は投資をしてはいけないのでしょうか?

そんなことはありません。実は、お金に余裕がない人におすすめなものがあります。それは「自分のビジネスを持つ」ということです。ビジネスについて勉強して(自己投資)、ビジネスを自分で作り上げるのです。

ビジネスの本質は「価値を届けること」です。自分の得意な分野で、人に価値を提供できれば利益を得ることができます。

今はインターネットの時代なので、元手がかからずに自分のビジネスをもつことができるようになりました。あまりお金に余裕のないサラリーマンであれば、収益物件や株式よりも、副業から始めて自分のビジネスを育てていくことをおすすめします。

ビジネスはうまく自動化できれば働かなくてもお金が入ってくる仕組みに作り上げることもできます。

ビジネスが育ちお金が手に入れば収益物件や株式投資をするという順序の方がいいと思いますよ。

関連記事
ビジネスをシステム化する方法
ビジネスのシステム化とは?自動でお金が出てくるシステムの作り方とは?

システム化とは、必ず結果が出てくる仕組み 副業を始めるときに、ビジネスのシステム化という概念を知っておいた方がいいです。 ...

関連記事
おすすめ副業はこれ
サラリーマンにおすすめな副業は○○しかない!

副業するなら何をする? 副業する理由としてはやはり「サラリーマン一本では不安」という気持ちを持っている人が大半ではないで ...

まとめ:マイホームは資産ではない、本当の資産を築こう

マイホームは資産ではなく、住宅ローンに縛られる負債であることを解説しました。本当の資産はあなたのポケットにお金を入れてくれるものです。

また、収益物件や株式投資は元手のお金がたくさんあれば威力があるものです。そこで、あまりお金に余裕のないサラリーマンは副業から自分のビジネスを育てることをおすすめしました。

副業では自動化できるビジネスに育ちそうな仕事に取り組むといいですよ。

おすすめ記事
ビジネスをシステム化する方法
ビジネスのシステム化とは?自動でお金が出てくるシステムの作り方とは?

システム化とは、必ず結果が出てくる仕組み 副業を始めるときに、ビジネスのシステム化という概念を知っておいた方がいいです。 ...

-サラリーマンの解決策